2013年08月02日

【国出先 バリアフリー不十分 香川県内26か所】車椅子利用者用の客室がある温泉宿のご紹介

香川県の結果ですが全国で言える事なんでしょうね〜。

民間の施設も調査して改善だ。

YOMIURI ONLINE【2013年8月1日】
 ⇒ 国出先 バリアフリー「不十分」…県内26か所 から


総務省四国行政評価支局(高松市)は31日、県内にある国の出先機関の施設26か所について、バリアフリーや受動喫煙防止などの対策が不十分とする調査結果を発表した。
点字ブロック上に障害物を置いているケースもあり、すべての機関に、9月20日までに改善結果を報告するよう通知している。

同支局は4〜7月、国の庁舎のうち一般利用者の多い合同庁舎や税務署、ハローワークなどを訪れて調べたほか、障害者団体から意見を聞いた。

その結果、バリアフリー対策では、線状の誘導用点字ブロックと、点状の警告用点字ブロックを間違えて敷設しているケース(ハローワーク坂出)や、ブロックが浮き上がってつまずくおそれがある箇所(観音寺税務署)があったほか、丸亀税務署や香川運輸支局では、ブロックの上に玄関マットや案内用のホワイトボードなどを置いていたという。

また、ハローワークさぬきでは、車椅子用の駐車場から建物に入るスロープの間に門扉のレール(幅約8センチ、深さ約3・5センチ)があるため、車椅子の前輪がはまって動けない状態だった。

香川労働局は「ハローワーク坂出の点字用ブロックは、知識不足で申し訳なく、速やかに改修したい。ハローワークさぬきでも、今まで苦情やトラブルなどはなかったが改善を考えたい」としている。

受動喫煙では、喫煙所が庁舎の出入り口付近に灰皿を置いただけの状態で、来庁者や庁舎内の人が煙を吸い込むおそれがあるケースが6件、障害者・高齢者用のスロープを喫煙所としている施設が1件あった。
このほか、庁舎の防火扉付近に物が置かれていて閉鎖の妨げになるなど、防災対策が不十分な事例も6件あった。

同支局は「来庁者が安全に利用できない事例が思った以上にあった。
障害者や高齢者の立場になって、対応をしてほしい」としている。




posted by スパ18号 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

【遠くへ行きたい 永六輔7年ぶりの旅人】車椅子利用者用の客室がある温泉宿のご紹介

車椅子だから、旅を躊躇している。
そんな方の背中を押してくれるのでは。

永六輔さん、ますますのご活躍を祈念します。

YOMIURI ONLINE【2013年7月17日】
 「遠くへ行きたい」 永六輔7年ぶりの旅人 から


タレントの永六輔(80)が7年ぶりに旅人を務めた、読売テレビ制作の「遠くへ行きたい」(日本テレビ日曜前5・30、ほか同局系で放送)が21日放送される。

テレビ嫌いを公言している永だが、この旅番組は別格。
旧知のスタッフの熱意に打たれ、車イスで京都の旅に出た。

永は1970年に始まった番組の初代旅人で、出演は今回で79回目。
故渡辺文雄さんに次ぐ2位で、有名なテーマ曲の作詞者としても知られる。

現在、パーキンソン病の影響で車イス生活を送っており、「もう旅番組はできないと思っていた」というが、番組プロデューサーの「車イスだからできる旅があるんじゃないですか」という言葉に一念発起。
同じ境遇の人たちのためにと、出演を決意した。

行き先は「会いたい人が一番多い街」という京都。
まず、旧知の作家・瀬戸内寂聴を訪ね、月1回の法話に飛び入り参加。
タクシーで交通事故に遭った時の一部始終などの小話も披露し、200人の聴講者の笑いを誘っていた。

「寂聴さんを訪ねたところだけで、1時間の番組ができますよ」と胸を張りつつ、2泊3日の京都の旅へ。
孫で俳優の育乃介に車イスを押されながら、とっておきの場所という「對龍たいりゅう山荘庭園」、ゆかりのある老舗かばん店「一澤信三郎帆布」、近代陶芸の巨匠・河井寛次郎の記念館などを訪ねて回った。

「車イスだと、目の高さが子供に戻るんですね。妙に懐かしいの、風景が」と、収録の感想を語る永。
今も週1回は旅に出ているといい、次に番組に出る機会があったら、「福井に行きたい。縄文時代の遺跡があるでしょ」と意欲を見せた。
posted by スパ18号 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

【第1回全日本車椅子ソフトボール選手権大会】車椅子利用者用の客室がある温泉宿のご紹介

>高校野球の甲子園のような聖地をつくりたい
そう遠くない未来で実現するな。間違いない

一般社団法人 日本車椅子ソフトボール協会 JWSA

MA SPORTS【2013/7/10 水曜日 23:59:15】
 第1回全日本車椅子ソフトボール選手権、NORTH LAND WARRIORSが初代王者 から


「第1回全日本車椅子ソフトボール選手権大会」の決勝が7日、北海道江別市の野幌総合運動公園東駐車場で行われ、NORTH LAND WARRIORS(以下、北海道)Aチームが、TOKYO LEGEND FELLOWS(以下、東京)Aチームを8-3で下し、初代チャンピオンに輝いた。

競技用車椅子に乗り、一般のソフトボールよりやや大きくて柔らかい専用球を使用して行う10人制(外野が4人)の球技。
今年4月に日本の協会が発足したばかりで、競技人口は約60人だ。国内には、今大会に出場した2チームと「Silver Wings Kitakyushu」(福岡)の3チームがある。
一方、40年近い歴史を持つアメリカには、野球のメジャーリーグの傘下にあるチームが多数ある。
毎年全米選手権が開催されており、障害のレベルで3クラスに分けられた選手の持ち点の合計が21点以上、頸椎損傷など上肢にも障害のある選手をひとり含まなければならないルールがある。
本大会は健常者も参加できる特別ルールで行われ、北海道と東京から各2チームが出場した。

国内のスポーツでも圧倒的な競技人口を誇る野球とソフトボールを誰もがプレーできるように−−。
2008年、北翔大野球部の大西昌美准教授の発案により、車椅子野球の歴史が始まった。
大西監督は北海高校の監督時代に春夏あわせて6回の甲子園に出場した名将。
その教え子である飛島に声をかけ、飛島とそのバスケ仲間らが集まった。
そんな野球のチームも、競技人口が増えず、試合が経験できない壁にぶつかる。
昨年、大西監督らが視察する予定だった車椅子ソフトボール全米選手権に、日本代表が初めて参加することに。
これを機に北海道のチームは、アメリカで競技として確立している車椅子ソフトボールの練習を始めた。
アメリカ留学時に競技経験がある副理事長の堀江もその普及に奔走し、日本でもソフトボールが行われるようになったのである。

飛島は言う。「バスケでもソフトでも選手がいろいろプレーできるようになればいいと思うんです」

車椅子ソフトボールは車椅子操作がしやすいアスファルトのフィールドでプレーする。
その専用グラウンドは江別市にある北翔大の敷地内に整備されつつあり、大西監督は「高校野球の甲子園のような聖地をつくりたい」と力を込める。

初の全国大会開催は、競技の普及と強化を目指す大きな一歩になったはずだ。
posted by スパ18号 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。